DDの形見分け

このblogで使われている画像の無許可の転載・掲載を禁止します。また、損害を与えない程度で著作物の撮影やスキャンなどをしていますが、もし何かありましたらご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早打名人高橋くん

今日を最後に会社としてのハドソンがなくなるそうです。
今後はブランド名として残るらしいですけど、一時代を築いたメーカーだけに、無くなるのは寂しいですね。

と、言うことで何かハドソンらしい物を探したんですが、代表格のシュウォッチが見つからなかったので、代わりに連射マシーンの「早打名人高橋くん」の画像でも載せときます。
ハドソンの発売でも何でもないんですけどね(笑)
大きく書かれた商品名!右側のポッチがスイッチで、黒い所で連射します。
DSCF1138.jpg

横から見たところ。変な出っ張りはファミコンのコントローラに取り付けるためのものです(別パーツが付属してました)
DSCF1139.jpg

裏面。「発想・制作 (C)SST INC..1996 MADE IN JAPAN」と書いてあります。
DSCF1141.jpg

ちょっとカッコ良さ気な角度で!
DSCF1143.jpg

中にモーターが入ってまして、単3電池1本で駆動します。
エロい感じのアレみたいな単純な仕組みです。
動画撮ったほうがいいかなぁ?と思ったんですが、YouTubeでUPしてる方がいらっしゃいましたので、そちらを貼らせて頂きます。



まあ、実用的ではないんですけどね(笑)

スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 22:16:37|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンダーエッグ入場チケット

4年に1度の2月29日。
この日は、ナムコワンダーエッグのオープン記念日として世界的に有名です。

92年2月29日に二子玉川にオープンしたナムコワンダーエッグは、当初は再開発の場繋ぎ的な位置づけでオープン。
50ヶ月(Wikipedia調べ)の期間限定でのオープンでした。

当時、テーマパークブーム的な物もあって、巨大迷路やテーマパークが乱立した時期でもあります。
初年度は途中で入場者数の目標を情報修正するほどの賑わいでした。
他のテーマパークがどんどんと下火になって行く中でも、ワンダーエッグは立地の良さもあって結構賑わっていた覚えがあります。
再開発の場繋ぎって事もあって、もしかしたら土地の借り賃も都内のあの広さの割には安かったのかもしれないですね(完全な憶測ですが)。

花博に行かないと乗れなかったため、もう一生遊ぶことは出来ないと思っていた、ギャラクシアン3や、ドルアーガの塔が遊べるわけですから、そりゃあ、もう、喜び勇んで行きまくってました。

と、言うことでオープン20周年を記念して、ワンダーエッグの入場チケットコレクションを公開です!
実際はもっと持ってるんですけど、同じ絵柄のチケットの写真見てもしょうがないですんで、各パターン1枚ずつで。

とりあえず見つけたんで写真をパチリ(97年6月29日)
DSCF0866.jpg

あ、まだあった・・・
CCF20120125_0035.jpg

裏面こんな感じ(この画像の中では92年9月が読みとれる一番古い奴みたいです)
CCF20120125_0036.jpg

もう2パターン出てきた
CCF20120205_0006.jpg

で、裏面。
CCF20120205_0007.jpg

裏面の変な四角い印はカルラコードって言う、QRコード以前の二次元バーコードのシステム。
これで残高を管理してます。
このチケット、アトラクションの名前とか、遊んだ時間とかを印刷してくれるんで、あとで思い返すとかに良いんですよね。
まあ、かなりの回数行っちゃったんで、何時に何遊んだとか言われてもハッキリ思い出せたりしないんですけどね(笑)

まあ、そんな訳で、20周年のワンダーエッグ関連の物も色々持ってるんで、それらの画像も今後はUPしておこうかと思います。

  1. 2012/02/29(水) 00:00:00|
  2. ワンダーエッグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラストハルマゲドン

X68000版のラストハルマゲドン

DSCF0768.jpg

DSCF0769.jpg

7枚組・・・?
DSCF0776.jpg


えーっと。
いまこの記事を書くまで、ずっとMSX版を持ってるもんだと思い込んでました。
写真撮った時も気づきませんでした。

飯島健男が最初に脚光を浴びたゲームだと思います。(抜忍伝説もそれなりに売れたとは思いますが)。

ラストハルマゲドン自体は普通のパッケージソフトなんですが、この写真のソフトは本屋で売られてたSELONってシリーズです。
数年前に一度販売されたゲームを、安価(つっても定価3900円)で書店などで販売するシステムでした。
プレステのtheBestみたいなもんですね。
メーカーとしてもほぼ死に体のソフトが幾らかにでもなれば、しめたものだったんじゃないでしょうか。

俺、たぶん500円とか1000円とかでかったんじゃないかなぁ、これ。
ワゴンセールの投売りみたいな所で買った覚えがあります。

ラストハルマゲドンと言えば思い出すのが「妖怪変紀行」。
ラストハルマゲドンの番外編で、パロディ色の強いゲームだったようです。
発売されてないんで誰も本当の所はわからないんですけどね(笑)

当時、NHKのYOUって若者向けの番組があって、そこで「ゲーム制作の現場で働いてみよう!」的な企画があり、ど素人の視聴者がブレイングレイ(開発メーカー)でバイト的なことをやってた映像を見たことがあります。
たぶんYOUであってるはず。


そういえばメガドラでアフターハルマゲドン外伝ってのも出てました。
外伝とか番外編とか好きだな、あの人。

  1. 2012/02/28(火) 23:22:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

パソコンOption創刊号

何を血迷ったのかなぁ?と言う感想しか出てこない雑誌、パソコンOptionの創刊号。

車雑誌でOptionってあるのをご存知でしょうか?
車の改造雑誌で、もう30年ぐらい続いてる雑誌なんですけど、それのパソコン版がコレです。

表紙。
DSCF0929.jpg

元祖9801で一太郎を動かそう!と言う特集記事の「栄光あれシリーズ」
DSCF0931.jpg

34Gのハードディスクが2000万円!
DSCF0932.jpg

バザールでござーる!
DSCF0933.jpg

「栄光あれシリーズ」とは銘打ってはいるものの、この雑誌って俺が知ってる限りじゃ3号しか出てないです。
創刊号は94年3月号。
で、3号まで買った覚えはあるんですけど、その後で本屋で見たこと無いんで・・・

本の内容はOptionの兄弟誌らしく、ハードウェアの改造なんかが主です。
「元祖98で一太郎を!」なんて記事からも分かるように、弱いハードをいかに無茶して動かすかみたいな部分を楽しんでる、コンセプトは凄く面白い雑誌だと思います。
今はもうそういうの無いですもんねぇ。
いい機械買って、クロックアップちょっとやって、熱だけどう逃すかみたいな、普通にお金持ってる人が勝っちゃうみたいな風潮がある。
まあ、完成されてきたって言えばそうなんでしょうけど、不完全な楽しさもどっかに残ってて欲しいなぁと思ったりするわけです。

  1. 2012/02/27(月) 23:49:49|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルゲ屋のポストカード

たぶん福袋に入ってたんだと思います。
マルゲ屋のポストカードです。

ヴァーチャ2とか
CCF20120126_0001.jpg

ダライアスとか
CCF20120126_0000.jpg

真サムスピとか
CCF20120125_0056.jpg

マッハブレイカーズとか
CCF20120125_0055.jpg

スパースクールファイター2とか(なんだ、これ(笑))
CCF20120125_0054.jpg

コットンとか
CCF20120126_0004.jpg

スト2とか
CCF20120126_0003.jpg

ゴウカイザーとか
CCF20120126_0002.jpg

裏面はこんな感じ
CCF20120126_0005.jpg

マルゲ屋(正式な表記がわからないんですよね。丸ゲ屋なのか、マルゲ屋なのか)は、ゲーメストを発刊していた新声社のショップで、主にゲーム関連のグッツを売っていました。
いまは割りとゲーム関連グッツって手に入りやすいですけど、昔はあんまり無かったんですよね。
品数も取扱店も少なかった。
ナムコなんかは自前でゲーセン持ってた強みもあって、ポスターやソフビなんかを昔から売ってたんですけど、他のメーカーがグッツを販売するようになったのって割りと最近なイメージがあります。

 
メストと言えば雑君保プ。
  1. 2012/02/26(日) 22:16:07|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バランスオブパワー

MSX版の「Balance of Power」です。

DSCF0762.jpg

DSCF0763.jpg

なにか御大層な物が入っていそうなパッケージです。

このゲームはアメリカの大統領かソ連(!)の書記長になって、任期中に核戦争を起こさないようにするゲームです。
ちょっと聞くと斬新なカンジがするんですが、妙にリアルに作られててゲーム的な派手さはほとんど有りません。
どっかで紛争が起きるとちょっと介入。
相手国も介入してくるとそこで押したり引いたりの駆け引きが始まる。
押し続けると簡単に核戦争に突入してゲームオーバー。
引くとヘタレ認定されてポイントが落ちちゃう。

政治部分をリアルにしてるもんだから、大統領(or書記長)のストレスが溜まる部分だけをシミュレートさせられるんですよ。
気に入らない奴を処刑したり、バイトの女子大生と不適切な関係になったりするような場面は出てこない。

説明書はこんな感じです。
DSCF0765.jpg

DSCF0764.jpg

ドミノ理論!?
そんな複雑そうな話が「初心者レベルの中心的な戦略」なの?
お前、アレだろ。
地方の工業高校しか出てない俺を買いかぶってるだろ・・・

世界情勢なんか理解できるかボケぇ!



ゲームデザイナー(兼プログラマー)が書いた公式ガイド。
理解はできないと思いますが、ちょっと読んでみたい気もします。
  1. 2012/02/26(日) 02:44:10|
  2. MSX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロジェクトA2

秋葉原で「スターヴァージン」と共に購入したMSXのプロジェクトA2

DSCF0807.jpg

DSCF0808.jpg

ポニーキャニオンはこういうゲームばかり出していて、少しは儲かったんだろうか?
映画自体もプロジェクトAよりは興行収入低かったと思うんですよね。
ゲーム化するほどのもんか?と。
まあ、まだ当時はゲームを出せばソコソコ売れたし、世の中の子供たちはジャッキーに夢中だったしな(俺の周りだけかもしれませんが)。

例によって、このゲームも遊んだコトありません。
このパッケージ自体を開けたことがないんで、もしかしたらカセットが入っていないかもしれません(笑)


このCD、1年ぐらい前に買ったんですが、「チャイナ・ガール」が入ってて良いんですよ!
「成龍拳」も入ってるし!
「幸運序曲」が入ってたら文句無かったんだけどなぁ・・・
  1. 2012/02/24(金) 23:51:04|
  2. MSX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べらんめい人形 がんこ職人

べらんめい人形 がんこ職人です。

以前紹介した龍馬くんと同じエモーショナルトイシリーズで、ナムコから発売されてました。
たしか座らせるためのゴザもついてたはず。

正面
DSCF0871.jpg

座らせて背後から
DSCF0872.jpg

腰から墨つぼが出てて、そこを引っ張ってから手を離すと喋り出します。
「べらんめい!仕事しろい」とか「べらんめい、こちとら江戸っ子でい」とか。
龍馬くんと一緒で電池不要なんで、いまでも元気に喋ってくれます。
今思うと動画とか撮ればよかったですね。
写真だけ撮って、ダンボールに詰めちゃいました。

今の子供は墨つぼって知ってるんだろうか?
俺らのころでも結構微妙だったんだけどな、墨つぼの知名度。
俺は実家にあったんで、たまたま知ってましたけど。


なにこれ、カッコいい!
こんな近代的な感じのが売ってるってことは、道具としてもまだ現役なんでしょうかね。
海外の大工さんは何使ってるんでしょうね。
  1. 2012/02/24(金) 00:44:23|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイターズメガミックスのステッカー

相変わらずどこで入手したのかわからないんですが、ファイターズメガミックスのステッカーです。

CCF20120124_0008.jpg

この頃(96年頃)ってもうAMショーとか行かなくなってたと思うんで、何か違う場所で貰ったのかもしれません。
ゲーセンとかかなぁ。

確かこのゲームってシバが出るんですよね。
バーチャ1のお披露目の時(たぶん93年のAMショー)にはいたんですけど、リリースされたらいなくなってたんですよね。
まあ、武器持ってたしな。
アラブの格闘技って見当つかないしな。

  1. 2012/02/22(水) 23:14:45|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MSXプログラムコレクション50本~ファンダムライブラリー5~

MSXプログラムコレクション50本~ファンダムライブラリー5~

MSX専門誌のMSXファンに投稿されたプログラムを50本詰め込んだ1本です。
50本だか1本だか分かりづらいですが、50本が1本に収まってます。

こんなパッケージ
DSCF0756.jpg

さすがに50倍は楽しめないと思います
DSCF0757.jpg

中でも「米屋のチャチャチャ」さんの激走レーシングが素晴らしかった!
当時、ナムコのシステム2基盤とか、スーパーファミコンとかに回転機能が乗り出した頃だったんですよ。
それをMSXで(絵は荒いながらも)やってのけたのが「激走レーシング」でした。

動画発見!


一応負け惜しみを言うと、当時でも理屈はわかってたんですよ。
どうすれば自分を中心にして絵を回せるかっていう。
でも、このスピードでは動かせなかったし、それでゲームが成立するとは思ってもいなかったんですよね。

んで、まあ、初めてこれを見た1年後ぐらいにほぼ同い年だと知って「ああ、俺はプログラマーは向いてないんだな」と気づいた次第でした(笑)
高校2年でプログラマー諦めた割に、なぜかいまプログラマーっぽい事をやっちゃってるんですけどね・・・

  1. 2012/02/21(火) 23:36:14|
  2. MSX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワーゲーマー 94年10月号

POWER GAMER」って雑誌の94年10月号。
マガジンボックスって出版社から出てて、編集後記に第2回って書いてあるんで、おそらくはこれが創刊2号だと思います。
「ゲームジャーナリズムに新時代を拓く!大特集型ニュータイプマガジン」だそうです。

表紙はスト2シリーズ。
特集もスト2とヴァンパイアです。
DSCF0921.jpg

ハイレグファンタジーの広告(笑)
DSCF0922.jpg

いまのゲーム雑誌じゃ載らないんだろうなぁ、な感じのピンボール入門
DSCF0923.jpg

時代背景&特集記事のせいもあってか、記事は格闘ゲームが多め。
でも、ゲーセン雑誌ってわけじゃなくて、スーファミとかメガドラの記事もそこそこ載ってます。
イラストコーナーとか同人誌紹介ページなんてのもあって、この頃に創刊された雑誌の割にはちょっと垢抜けない感じ。
同人誌紹介ページなんか、サークル名(または個人名)や住所や価格や購入方法が39サークル分載ってたりするし。

んで。
検索してみたら出てきました(昔はこんな情報なかったんですが)。

【LINK】Wikipedia ゲームボーイ

半年で廃刊になったらしいです・・・


なんだ、これ(笑)
  1. 2012/02/21(火) 01:13:16|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リッヂレーサーとサイバースレッドの下敷き

ヴァーチャルリアリティ、テクスチャーマッピング、グローシェーディング!
今となっては普通に素人でも使う技術なんですが、当時としては「おお!」ってなったもんです。

と、言うことでリッヂとサイバースレッドの下敷きです。
2枚あるんじゃなくて、1枚の裏表にそれぞれ印刷されてます。

リッヂレーサー側
CCF20120124_0006.jpg

サイバースレッド側
CCF20120124_0007.jpg

最近アレ?っと思ってるんですけど、ウチはなんでこんなに下敷きばかりなんでしょうか。
そういや、パックランドの下敷きも持ってたな(実家に置きっぱなしだったんで、もう無いと思いますが)
ゲーム下敷き収集家の人とかいたら、ウチの下敷きラインナップはどのくらいのランクなんだろうか?


ガメラ下敷きちょっとカッコいい。
もうこれ以上下敷きいらないけど(笑)
  1. 2012/02/20(月) 00:20:14|
  2. グッツ(下敷)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーチャファイター2ポストカード

「バーチャファイター2スペシャルアタックコマンド」と名付けられた、コマンド一覧のポストカード。

オモテ面
CCF20120125_0052.jpg

裏面(で良いんでしょうかね?はがき的にはこっちが表ですね)
CCF20120125_0053.jpg

瞬帝使ってたんですけど、当時はリオンが倒せなくて困ってました。
リオンさえ倒せればあとはまあまあ進めたんですけど、リオンが苦手で・・・

それはそうと、セガ本社が天王洲のカナルサイドビルに移転らしいですね。
セガ=大鳥居ってイメージが強いんでちょっと違和感。
すぐ横の郵船ビルにマーザ・アニメーションプラネット株式会社って関連会社が入ってるっぽいんで、その辺の絡みもあるんでしょうか。

その話を聞いた時に、カナルサイドビルって聞いたことあるなぁと思ったんですが、よく考えてみたら昔勤務してたビルでした(笑)
品川からバスで行くか、モノレールか、いまだと地下鉄か。
まあ、微妙に行きづらい場所にあります。

もう12年ほど前の話なんでいまもあるかどうかわからないんですが、タイカレーのお弁当が美味しかったのと、カルビクッパランチが美味しかったのと、2Fのスパゲティ屋が第2月曜かなんかにパスタが500円になってお得だったのが印象深いです(笑)
あ、あとローソンの横の歯医者が丁寧ないい歯医者さんでした。
女性の看護師さんに歯ブラシを持たれて歯を磨かれたときは、何かのプレイかと思うほど恥ずかしかったですが、それは別としても良い歯医者さんでした。
セガのみなさんも、その辺を移転の楽しみにしておいてください(笑)。

あ、そうそう。
あの辺ってテレ東のスタジオなんかも多くて、ロケーションも良いんで、撮影やってることが多くて有名人を何人か見たことがあります。
一度、竹中直人にそっくりな警備員さんが倉庫の見張りをしているのを見かけて、「うわ、すげえ似てる!会社のみんなに教えてあげよう!」って思ってたら、遠くから「竹中サーン」って呼ばれて、去って行きました。
本人だったらしいです。

 
  1. 2012/02/19(日) 00:52:45|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コナミ下敷き(ツインビー、パワプロ、ときメモ、ゴエモン)

なんかのイベントで貰ったコナミの下敷き。

表にはツインビー、パワプロ、ときメモ、ゴエモンのキャラが・・・
CCF20120126_0056.jpg

裏面にはカレンダーが・・・
CCF20120126_0057.jpg

カレンダーが付いて入るものの、年が書いてないからいつのものかは不明。
ときメモのキャラがいるから94年以降で、曜日の並びを見ると97年なんだと思います。
カレンダーがついたものを配るとしたら、2月にやるAOUで貰ったものかなぁとか適当に考えてみたり・・・

  1. 2012/02/18(土) 09:32:11|
  2. グッツ(下敷)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタルギアソリッドの下敷き

AMショーだかAOUショーだかおもちゃショーだかで手に入れたメタルギアソリッドの下敷きです。

渋いです。
CCF20120126_0006.jpg

裏側は登場キャラ一覧
CCF20120126_0007.jpg

なんか300円の値札ついてますけど、買った覚えはないし、こういうのを買うような性格でもないんで、貰ったんだと思います。

小島秀夫はメタルギアの話題が出るたびにMSXの話をしてくれてて、MSXユーザーとしてはとても嬉しい限り。
ゲーム中にふざける演出を入れるのを我慢出来ないって辺りもポイント高いです(笑)

  1. 2012/02/16(木) 21:14:55|
  2. グッツ(下敷)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーチャファイターの食玩

たぶん長津田のマルエツで買ったバーチャファイターの食玩

似てるような似てないような感じのアキラの球体関節フィギュアです。

全身像
DSCF0890.jpg

うっかり拳にピントを合わせてしまいました
DSCF0893.jpg

ちょっと鉄山靠を意識してみました
DSCF0891.jpg

見つからなかったんですが、たしかパイのも持ってたはず。
あと、持ってはいなかったんですが、カゲとサラもいたと思います。
顔の微妙な造形と荒いポリゴンっぽさが気に入ってます。


藤原芳秀がこんな漫画を!?
八極拳つながり?
  1. 2012/02/15(水) 23:09:22|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネロとパトラッシュ

今日もゲームとは全然関係ない画像を・・・

CCF20120205_0029.jpg

ベルギーのアントワープに旅行に行った知人が旅先から送ってくれたネロとパトラッシュの絵葉書です。
ヤル気ねぇ!(笑)

どうやらベルギーでは「フランダースの犬」はあまり有名な話ではなかったらしいんですが、あまりにも日本人観光客がそのことについて聞くもんだから、調べて銅像立てたらしいです。
その結果がこれか!と。

なんか日本のポストカードと大違いです(笑)
  1. 2012/02/15(水) 00:18:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

バルログ下敷き

どこかで手に入れたスト2のバルログの下敷き

CCF20120124_0033.jpg

CCF20120124_0034.jpg

たぶん丸ゲ屋(新声社がやってたゲームショップ)の福袋に入ってた物だと思います。
右上にゲーメストって入ってるし。
ザンギエフとダルシムがちょっとだけ見えてますね。
なんか他の素材から適当に切り出したんじゃねぇのか?って感じ(笑)

ところで前々から気になってたんですけど、スペイン忍者って何なんでしょう?
そしてスペイン人は自分らの代表がそれでOKなんでしょうか?
まあ、インドやブラジル代表程じゃないか・・・

  1. 2012/02/13(月) 23:09:32|
  2. グッツ(下敷)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FS-CM1

MSX用通信モデム、FS-CM1です。

未開封品。

パッケージ表
DSCF0819.jpg

パッケージ裏
DSCF0820.jpg

パソコン通信はX68000でやってたのに、なんでこんな持ってたんだっけ?そもそも未開封だし・・・と、しばらく考えて思い出しました。

あれは俺が18の頃の話。
めぞん一刻の様な作りの会社の寮に住んでたんですけど、その時に1歳年上の先輩から、ほぼ未使用のMSXturboRとモデムをセットで譲ってもらったんですよ。
たしか2万か3万で。

当時、よく変なセールスの電話が寮に掛かってきてたんですよ。
「以前お電話させていただいたものなんですが、覚えてますでしょうか?
あれ?電話してませんか?
おかしいなぁ。
じゃあもう1回説明しますね。
パソコンを使った通販のシステムがあって、それの会員になればお得な買い物が出来て他にも色々な特典があります。
当社はNECの子会社で、新宿(または渋谷)に事務所があるんで一度来てください」
みたいなのが。
一度電話したなんてのは丸っきり嘘で、会話のきっかけを作ったりするための物なんですけどね。
NEC系ってのも大嘘。
オレもNEC勤務だから、調べたいんで会社名もう1回言ってって言うとしどろもどろになるんですよ(笑)

で、まあ先輩はそれに引っかかって、パソコン(MSX)とモデムをほぼ定価でかわされた、と。
俺は元々MSXが好きで、turboRも欲しかったんで、渡りに船だったんですけど、先輩は可哀想になぁと(笑)

ちなみにあまりにもその手の勧誘が多くて、後の方になるとふざけて対応するようになりました。

相手「以前お電話させていただいたものなんですが、覚えてますでしょうか?」
オレ「ああ、先日はどうも」
相手「え?電話しました?」
オレ「いま電話したって言いましたよね?」
相手「あ・・・はい。商品の説明とかもしました?」
オレ「新宿だったか渋谷の会社でパソコンで買い物ができるってお話ですよね?」(どの業者もこの説明だったんです)
相手「ええ・・・そうなんですけど・・・」
オレ「何か不思議ですか?いま電話したって言いましたよね?電話してないんですか?」
相手「いや・・・あの・・・」

みたいな。
ああ言う詐欺まがいの仕事してた人たちは、自分の過去を恥ずかしく思って生きてるんだろうか。
思ってないんだろうな、きっと。

  1. 2012/02/13(月) 00:07:50|
  2. MSX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルゴ

オセロを考えた人が考えたボードゲーム、セルゴ
たしか800円ぐらいでヤフオクで落札しました。
もう売られてなくて、絶版(って表現でいいのか?)なはず。
1975年にツクダオリジナルから発売(と言うネット情報)。

送料が落札価格よりも高くて、なにゆえそんなに?と思ってたんですが、凄いでかいんですよ、これ。
フルサイズのオセロと同じぐらいの大きさ。
俺、もっと小さい、半分以下とか、下手すればポケットサイズぐらいだと思って落札したんですけどね。

パッケージ
DSCF0779.jpg

開けた所
DSCF0781.jpg

遊ぶ相手もいないんで、ルール知りません(笑)
「置いたコマを移動できる五目並べ」っぽいゲームだそうです。

どうやらセルゴ、ソクラテス、ミラクルファイブの3つがいままで販売されてて、基本ルールはそんなに変わらないみたいです。(ソクラテスとか宇宙遊泳ってのが、同じ盤を使う別ルールゲームらしくて、いまいちどれが販売されてたのかが分かりあません。セルゴの説明書にも宇宙遊泳の遊び方載ってるし)
最新のミラクルファイブの発売が2007年。

オセロの生みの親“長谷川五郎”氏の新ゲーム『ミラクルファイブ』が発売

流行ったんだろうか?
どうなんだろうか?

【2012/03/24 追記】
結構「セルゴ ルール」とかで検索していらっしゃる方が多いみたいなんですが、良かったらコメントください。
詳細知りたい方が多いようでしたら説明書UPしますので。

  1. 2012/02/11(土) 15:38:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

アドベンチャーゲームヒント百科2

何年も前に古本屋で買ったアドベンチャーゲームヒント百科2

定価1800円もしたらしいですが、仙台の熊谷書店で500円で買ったらしいです(表紙の裏に値札がついてました)。

表紙
DSCF0940.jpg

目次
DSCF0942.jpg

裏表紙
DSCF0941.jpg

目次見ても8本ぐらいしか分かりません。
RPGのはずの「夢幻の心臓」とか「ハイドライド」とかも入っちゃってるんですね。
(ちなみに本の中ではちゃんとロールプレイングゲームって言ってます。たぶん広義としてのアドベンチャーゲームのなかに入れたたんだと思います)

ご存知の方も多いとは思いますが1本目の「軽井沢誘拐案内」は堀井雄二の3部作の3本目で、堀井雄二の嗜好を反映してパンチラシーンがあったり、ウルティマっぽい面が用意されていたりと、当時は人気のあったソフトです。
高校の頃にやって、あじさいは土中の鉄分で色が変わるということを知りました。
そうそう。
劇中にポートピア連続殺人事件のフミエも出てくるんですよ。

それにしても、天使たちの午後の息の長さにビックリです。
いまちょっとググったら2001年まで新作出てたらしい。
懐かしいなぁ、ジャストサウンド(笑)

  1. 2012/02/11(土) 04:13:14|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナムコクラシックと独眼竜政宗のシール

家を漁っていたら出てきたナムコクラシックと独眼竜政宗のシール

CCF20120125_0017.jpg
A5ぐらいの大きさで結構大きいです。

毎回恒例なんですが、なんでこれがウチにあるのかがよくわかりません。
会社の同期の田村さん(4つ年上)に20年ほど前に貰った物のような気もするんだけど・・・
そもそもこのシール、どうやって流通したものなんだろう?

ちなみにどっちも遊んだこと無いんですけどね。

いま気づいたんですけど「独眼竜政宗」って名前は使って大丈夫だったんでしょうか?
当時の大河ドラマと同じ名前ですけど、独眼竜自体は昔から言われてたからOKだったんだろうか?
それともゆるい時代だったから平気だったんだろうか?
  1. 2012/02/08(水) 23:00:06|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊マガジンが面白い

いや、またゲームともパソコンとも関係ない話を書くんですけど、最近の月刊マガジンが面白くてたまりません。
何年少年誌読んでんだよ、俺って感じですけど、まあそこはそれ。
チンミなんか俺が読みだした頃は既に長期連載だったのにまだやってますしね(いちおうタイトル変わってますけど)。

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」
CCF20120207_0002.jpg
ゆるい推理漫画で、本格的な事件解決の時と、学校内のちょっとしたトラブル解決の時があるんですが、これは後者のほう。
こんなカット滅多に入らないんで、読んでて吹き出しました。
なんだろう、描きたかったんだろうか・・・

「四月は君の嘘」
CCF20120207_0003.jpg
スヌーピーの名言に「犬?」ってツッコミをいれる主人公。
ちょっと斬新。

あと、これとか
CCF20120207_0000.jpg
12月発売号にこれはイカす!
荒れる海と互角ですね!
(これ、この漫画読んでる人で他に気づく人がどれだけいるんだろうか?年齢的に)


amazonって月刊マガジンも買えるのか・・・
  1. 2012/02/07(火) 23:39:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

GAME BASIC for SEGA SATURN(のチラシ)

以前、GAME BASIC for SEGA SATURNの写真を乗せましたが、それのチラシが出てきました。
と、いうことで「GAME BASIC for SEGA SATURN(のチラシ)」です。

表側
CCF20120126_0006SS.jpg

裏側
CCF20120126_0007SS.jpg

こんな紙、どこで手に入れたんだろう、俺。
ゲームショーって行ったことあったっけかなぁ、俺。
おもちゃショーと、AMショーと、AOUショーは行ったことあるんですけど・・・

いま、この手のチラシをスキャンするために、部屋の中をひっくり返してるんですけど、1日中やってたら翌朝に体中がバキバキ言います。
寄る年波には勝てません。

  1. 2012/02/06(月) 00:08:24|
  2. 開発環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GameWalker創刊号

GameWalker(ゲームウォーカー)の創刊号です。

東京ウォーカーの姉妹誌。
2000年に休刊(らしい)。

表紙は葉月里緒奈
DSCF0914.jpg

渋谷のドクタージーカンズにまだQ-ZARがあった頃の話。
DSCF0916.jpg

コスプレがちょっとずつ世間に認知されてきたぐらい?
DSCF0919.jpg

メガドライブとCDラジカセが一体化!
CSD-GM1なんて知らねえよ!って思って検索してみたら結構持ってる人がいるっぽくてビックリしました。
DSCF0920.jpg

創刊号は94年の11月号なんですけど、次号予告が10月22日になってるんで、発売日はたぶん9月22日ですね。
そういうのって普通10月号になるんじゃないだろうか?
それとも次号予告の日付が間違ってるんだろうか?
Wikipediaだと11月創刊になってますが、11月号として創刊してるだけで発売は10月以前ですね。。
奥付の発刊は11月1日になってました。

ちなみに創刊準備号ってのがあったらしく、見たことはないんですけど編集後記の下に「お詫びと訂正」がありました。
誤字脱字なんかの訂正ですね。

表紙の葉月里緒奈は、ドラマ(夢見る頃を過ぎても)に出演中で、当時はそれなりに見かけた女優さんなんですが、インタビューの中でゲームについて聞かれて「不器用なので・・・。ゆっくりできるゲームならやってみたい」とだけ答えてます。
もうちょっとゲーム好きそうな人を創刊号に持ってこれなかったんだろうか?


これ、なんかちょっと楽しそう
  1. 2012/02/04(土) 13:11:04|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レリクス

何がどうなっているか分からないゲーム、レリクスのMSX版です。

なにはともあれ、ご覧下さい。

パッケージ表側。小箱っぽい感じです。
01DSCF0827.jpg

パッケージ裏側
02DSCF0828.jpg

中を開けると凝った梱包に!
03DSCF0829.jpg

カセットはこんな感じ
04DSCF0847.jpg

説明書
05CCF20120107_0003.jpg

イラストででーん!ギーガーの影響受けまくってる感じです
06CCF20120107_0002_2.jpg

説明その1
07CCF20120107_0004.jpg

説明その2
08CCF20120107_0005.jpg

グッツも色々と・・・(よっぽど自信あったんでしょうね)
09CCF20120107_0006.jpg

いまのゲームじゃありえないスタッフの少なさ!(たぶん当時としては多い方です)
10DSCF0830.jpg

注意書き
11CCF20120107_0007.jpg

注意書きその2
12CCF20120107_0008.jpg

取り付いて体を乗っ取るという斬新なゲームシステム。
目的が分からない謎が謎を呼ぶストーリー。
つうか、説明書を見ていただけば分かるように、ストーリーも謎です。
分かっているのは操作方法だけ。

こんな感じのゲーム画面


実は1度もやったことありません(笑)
箱も、この写真撮るために初めて開けました。

  1. 2012/02/03(金) 00:43:29|
  2. MSX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぷよぷよまん

いつも古い画像ばかりUPしてるんで、今日は最新画像を。

今度は『ぷよぷよ』が肉まんに!セガ×井村屋「ぷよぷよまん(あかぷよ)」発売決定

【ニュース】「ぷよぷよまん」が…全国から消えた!

北海道の知人がファミマでぷよぷよまんを買ったって言ってたんで、昨日喜んでファミマに行ってみたんですが、売ってなく。
なんと、都内のファミマでの取り扱いがないとのこと。

■「ぷよぷよまん(あかぷよ)」取扱店舗
・ポプラ
・ココストア・イースト(東北・関東・沖縄)
・ココストア・ウエスト(九州)
・北海道ファミリーマート
・南九州ファミリーマート
・沖縄ファミリーマート
・コミュニティストア
・小田急マート
・ハートイン
・アンスリー

一番近くてポプラかなぁ。
どこにあるんだろう。
小田急マートって新宿にあるんだろうか?

とか思って検索してみたら、会社から10分も行かないところにポプラ発見!
しかも俺、ポプラの株主で商品券を2000円分持ってました。

正面(全日本ぷよ協会のシルバーカードと共に)
DSCF0984.jpg

2000円の商品券があったので、10ぐらい買う気で行ったんですが、3個しか無かったです。
DSCF0985.jpg

下の紙はこんな感じ。凝ってる。
DSCF0987.jpg

ちなみにスライムまんよりも10円安い160円。
ちょっと具は少なめだったんですが、タケノコが多めに入ってて、シャリシャリしてて美味かったです。
さあ、みんなもポプラへゴーだ!(いちおう株主なんで宣伝(笑))


どうでも良いですけど、アフィリエイトってみんなお金設けるために貼るじゃないですか。
俺、アフィリエイトのリンク作るたびに、その商品欲しくなってそのまま買っちゃうんで、1円も儲から無いくせに、出費しまくりなんですけど・・・
  1. 2012/02/01(水) 21:42:29|
  2. グッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

DD

Author:DD
ゲームを作る仕事をしつつ、ゲームやパソコンやちょっとした機械絡みの色々な物を集めたりしています。
あと、「立体視」とか「工作」とか「錯視」が好きで、手先が不器用なのにその手のものを作ったりしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
MSX (25)
開発環境 (4)
グッツ (50)
グッツ(下敷) (12)
本・雑誌 (41)
チラシ (94)
ファミコン (2)
ワンダーエッグ (33)
アタリ (5)
Androidアプリ (1)
他 (23)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。